学びの1日

新宿ヒッポ ぼらまてぃDaysにようこそ!

グレースです。
新宿でヒッポファミリークラブの多言語活動を主催しています。
毎週水曜日夜は西武新宿駅近くで、
毎週土曜日の午前中は四谷3丁目でやっています。

多言語、多文化にご興味のある方は、
shinjuku.hippo@gmail.com へ
お問い合わせください。


今日は浅草へGO!
オープントラカレの講義の日でした。


午前は中村桂子先生。
JT生命誌研究所館長で生命誌研究者。
毎年、ヒッポで講義してくださいます。

毎回お話に出てくる
「人間の自然の一部」ということば。

ついつい人間だけが
特別なものと考えがちだけど
そんなことはなくて、
蟻も蚊もゴキブリも
地球に一緒に生きている仲間。


そんなお話を聞きました。




午後は酒井邦嘉先生
東京大学の言語脳科学の教授です。
先週に引き続き、先生のお話が聞けました

多言語を話す人の脳は
感性が豊かだそうです

来月には
「チョムスキーと言語脳科学」という本が
出版されるとのこと。

この本も興味深い




今日は桜の開花宣言もありました。
いよいよ春ですね。

ポカポカと暖かく
油断すると睡魔が…でしたが
脳みそが刺激された1日でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【科学は楽しい】科学という考え方

    Excerpt: 周りの無理解、冷淡さ、妨害、そして自分の怠惰や慢心に打ち克って、科学の探究ができる人は極めて少ないだろう。しかし、その少数の人に対して敬意を払い、その知性の産物を味わうことは、もう少し多くの人ができる.. Weblog: ぱふぅ家のサイバー小物 racked: 2019-05-24 12:13